Groove X

Groove X (CPJ Compositions for Drums)

The enthusiasm of Akihiko ‘JOKER’Matsui aesthetic discretion went on to the erudite stage of Groove X compositions written exclusively for the drums.
What made it a tough challenge was, the fact that the drums basically can’t play the melodic theme. So, most of the Groove X tunes are, off course, based on rhythmic ideas like odd meters, polyrhythms, and some more complex figures like quintuplets and septuplets!

数々のCPJ的バンドを率いてきた松井秋彦のリズムの極限的コンセプトGroove Xは、松井秋彦がバークリーの頃専攻していたドラムから発想した楽曲のコンセプトです。リズム的が概念を優先する為に、CPJでは常に意識を及ばせている調性感を部分的には破綻させて無調性になる部分までを含む楽曲が含まれています。


☆Groove X (CPJ written for drums)

31.GX001.Groove X (Pitvicka Jezera, Croatia)                       video1 video2
32.GX002.Jive Five (Mostar, Bosnia-Herzegovina)             video1  video2
33.GX003.Jive Seven (Kotor, Montenegro)                             video1 video2
34.GX004.Oceanfront (丹後, Japan)                                         video1
35.GX005.Ondo Ondo (音戸, Japan)
36.GX006.Fireworks (鵜殿, Japan)                                            video1  video2
37.GX007.Jindaiji (深大寺, Japan)                                              video1
38.GX008.Nishiharuchka (西春近, Japan)                              video1 video2 video3
39.GX009.High-Energy Stuff (Bondai, NSW. Australia)   video1 
40.GX010.Getaway Gateway (München, Germany)



1932359_803610429680829_4513871686637178949_n


2012. 5. 22  Released!      Groove X 第一弾!

Groove X / Groove X
ドラムから発想したCPJの楽曲群! ’宇宙初’のあらゆるポリリズムの金字塔!

th_CD-GrooveX562086_353567748018435_581371357_n
‘Groove X’  /  Groove X     CPJ-4001   ¥2,500(tax included)
Jazz Life(2012年6月号102ページ)に冨沢えいち氏によるディスクレビューが掲載されています

13/7、11/5、7/13、5/13など、4次元の時空ではあり得なかったリズムのショーケース!
トラック1〜6はインタープレイ上の即興ポリリズム、
8〜10は譜面上の厳密なポリリズムに照準を合わせ、あらゆる観点からポリリズムを極めています。

1.39.GX009. High-Energy Stuff
2.36.GX006. Fireworks
3.37.GX007. Jindaiji
4. 38.GX008.Nishiharuchka
5. 34.GX004.Oceanfront
6. 35.GX005.Ondo Ondo
7. Consistently Inconsistent
8. 33.GX003.Jive Seven
9.32.GX002. Jive Five
10. 31.GX001.Groove X (GX001)

All Compositions by Akihiko ‘JOKER’ Matsui (松井秋彦)

Akihiko ‘JOKER’ Matsui(松井秋彦)
Drums(all tracks), Bass(8~10), Guitar(8,10), Keyboards(8~10)
Mitsuo Kabuki   (蕪木光生)                    Keyboards(1~6)
Yuya Inokuchi   (猪口勇哉)                    Bass(1~6)


th_GrooveXFlier

31. GX001. Groove X        Plitvicka Jezera, Croatia

『あれは、一体どこから見たんだろう?』
プリトヴィッチを再度訪れても、
あの究極のアングルが見つからない!
湖沼と滝がこれほどまでに揃っている奇跡の湖沼群も珍しい。
クロアチアにあるこの湖沼群であるプリトヴィッチェは湖沼好きにはたまらない楽園のようなところだ。
現地にたどり着くや否や、
無数の滝を見渡せる絶景スポットがあり、
そこから広範囲に湖が点在して、
向かって左側から右側に標高が落ちて、
それぞれの湖を滝が繋ぐ。
この地形の妙が生み出した奇跡の絶景だ!
初めて訪れた時は秋の真っ只中で、
木々は紅葉し、
紅葉は複雑に湖面に鏡映し、
あらゆる奇跡的に緻密なデザインを生み出している。
途中で通る滝にも、
あらゆる種類のものがあり、
横一列に並ぶ連続瀑や、
大きく空間を支配する単独瀑や、
標高差の少ないエリアでの河川瀑、
そして複雑に絡み合う散在瀑などが、
常に目を楽しませてくれる。
ある時、それでも、そのどれにも当てはまらないアングルで大きな単独の湖をかなりの標高差で捉えた。
他のあらゆるアングルは多くの人が写真に残しているものの、
その光景だけは、一般的にあまり知られていない。
あるとき、再度ここを訪れたときに、
その意外性のある究極のアングルを探してみたが、一般的に通れるトレイル上からではどうしても見つからない。
標高差から推測するに、
この辺りな筈だと歩き続けていたら、
あるところで、木々の合間に少し隙間を見つけた!
そこに藪漕ぎをするように入って行くと、
そこに究極の絶景スポットはあった!
エメラルドの水面をたたえる湖が、
綺麗な円形に切り取られて、
木々に整然と囲まれているのだ。
紅葉の時はそれが見事にカラフルに囲まれ、
今回は緑の木々に縁取られた、
見事なキャンパスだ!
このスポットに入ってくる人はいない、
自分だけの究極のプリトヴィッチがここにあった!
 

32.GX002.  Jive Five         Mostar, Bosnia Herzegovina

 
「こんにちは!この辺りのことをガイドできますよ!いかがですか?」
モスタルに着くや否や、
駐車場のところで、
まるで構えていたかのように、
現地の男がたかるようにしてきて、
ガイドを申し出てくる。
そういえば、
ユーゴの内戦で引き裂かれた国々の中でも、国毎にかなり空気が違うものだ。
かなり西欧と変わらない空気のクロアチアから、
ボスニアヘルツェゴヴィナに入ったとたんに、
その雰囲気は、
あの、懐かしいとも言える、
ソ連の旅の時に感じ続けた。
ハンガリーでも痛感した、
共産圏の香りなのだ!
人々の目つきに緊張感があり、
抜け目のないような表情をしていて、
圧倒的に笑顔が少ないのだ。
「例えば、この歴史的建造物なんかも、
18世紀から存在するもので、、、」
『いや、悪いな、
今日はそんなに時間があるわけでもなく、
こちらのペースで見たいんだ。』
 
モスタルは、
ユーゴ内戦中に空爆されて一度は破壊されてしまった橋、
スターリモストがもっとも有名だが、
内戦が収束して20年以上経った今は、
スターリモストからネレトヴァ川へ飛び込むイベントに、
敵国であったクロアチア人が出場することもあるらしい。
 
押し売りガイドから逃げながら、
風光明媚な町を歩き、
スターリモストを渡り、
対岸に出たところで、
ボスニア料理を食べて戻ってくると、
ガイドはまだ彷徨いていた。
 
それにしても、
荒んだ人々の空気とは裏腹に、
珠玉のデザイン性を擁するスターリモストだけでなく、
周りの町並みに見る風情のある建物や、
その中でイスラムの空気感を仄めかす
モスクの尖塔が齎す雰囲気、
そして意外なのが、
取り囲む巨大な台形の山の形状が異彩を放っていた!
 
そして、
美しいネレトヴァ川の深みのあるエメラルドが、
ただ明るい南国の色合いとは違って、
この陰鬱な歴史が齎す重たい空気を反映せんばかりに、
一貫してやや濁った色合いを保っていることに、
なんらかの意思すら感じる時であった!

33.GX003.  Jive Seven Kotor, Montenegro


「10ユーロになります」
その守衛のような、
国境警備隊のような格好をした男が、
そう言いながら、
10ユーロと書かれたシールを、
おれの車の中に手をいれて、
ダッシュボードの上辺りに貼りつけた。
クロアチアのドゥブロヴニクから運転して訪れたボスニアヘルツェゴヴィナで感じた、
ソ連時代の共産圏の空気は、
このモンテネグロでは、
更に強まった!
クロアチアからモンテネグロに入るだけで、
10ユーロの通行料がかかるのか、
それともスロヴェニアなどの高速券のヴィニェッタのようにその都度買わないとならないものがあるのかわからないが、
拳銃を携えたもう一人の警備隊員のような男も傍に構えている。
金を払ってそこを通ることにした。
それとは裏腹に、
モンテネグロに入ってから景色は更に美しくなった。
程なくして、
リサンの言う村を通るところで巨大な湖が現れた!
それは単に海なのか、
単なる入江なのか、
汽水湖のような地形になっていて、
その入り口には見事な柱状節理があった。
その汽水湖の水面は陽に照らされて至高の輝きをみせていた。
汽水湖を左から巻くようにしてたどり着いた先には、
古都、コトルが拡がっていた!
コトルの中心部は、
ボスニアヘルツェゴヴィナのモスタルとはやはり一味違う街並みを
急峻な山脈の岩肌が囲い込み、
その岩肌を這うように湖上の古城の城壁の残骸がが荒れ果てた状態
汽水湖の水面に町の古い味わい深いデザインの建物が映り込み、
絶妙な味わいを醸し出していた!

34. GX004. Oceanfront 丹後, Japan

『なんでこんな時に、清々しく、アオスジアゲハが飛んでいるんだ?』
東の世界で、
なんともこの世の終わりみたいな感覚になって
京急沿いの海の近くに走り出した
ある真夏の昼間、
飛び出して行った森には、アオスジアゲハが何事もなかったように飛び交っていた。
まるで、
「この地球は美しいんだから、
まだ捨てたもんじゃないでしょう」
と言わんばかりに。
 
野尻湖の湖畔のレストランの
前に置いてあった、 
手動のサッカーゲームを、
窓際のお客さんの眺める前でやって、
ほのぼのした時間を過ごしても、
やっぱり対峙する空虚。
帰途の紅葉の美しさも、
何か空虚を超える力を持たずに。
逆に、
あるときには西にたなびいて、
保津峡の神秘をたぐり、
あるいは、
北陸の東尋坊の奇岩美を追いかけたり、
紀州の海を奔走したが、
常につきまとう、
焦燥感がある時期だった。
 
あるとき、
一人きりで西に向かいながら、
丹後半島の海沿いの、
高原海岸の絶景を掠めながら、
波を眺める。
大波と小波が、
西に東に。

35.GX005. Ondo Ondo 音戸, Japan

 
「わー、パジャマ買ったんだ?」
『えー?これってパジャマなんだ?』
あるマニアックな、
コンテンポラリージャズバンドの、
長めのツアーにドラマーとして参加していて、
関西、四国、中国地方を廻っていたとき、
自分が運転を買って出ていた。
あるとき広島あたりで、
やや疲れたせいか勝手に休んで、
あるチェーンの衣料品店になぜか入った。
そこで、緑のチェックのシャツを買い込んで、
車に戻って、
ピアニストに言われたのだった。
全く、
自分は洋服の種類にも全く疎いもんだ。
 
「レコード針が飛んだ!」
中国地方の柳井港から松山への、
オレンジラインというマニアックな船に、
車ごと乗り込んで渡った四国の松山で、
ラジオでのライブ告知で流されたCDの反響で、
こういうことがあった。
あまりに突拍子もない変拍子やポリリズムは、
レコード針が飛んだように聴こえるもんだ。
主催者たちとそれをネタに談笑し、
なかには、
「一拍の0.72倍の速さ」
などのポリリズムもやっている話しで盛り上がり、充実したツアーであった。
そのツアーも、
さすがに連日の移動と演奏が続いていた為、
ある日、もう一回り目の広島で一日休みの日があった。
この日だけは純粋に一人一人が自由行動となったことで、
自分は一日中この瀬戸内海の地域でツアー車で一人でドライブすることにした!
車で渡れる離島はないかと、
音戸町に向かった。
音戸大橋を渡り、
離島に抜ける。
そこはもう瀬戸内海の美しさを欲しいままにする別天地!
ノウゼンカズラの点在する
何気ない島の風景に抱かれていると、
5連符や7連符の、
素朴なメロディーが浮かび上がってきた!

36.GX006. Fireworks 鵜殿, Japan

 
打ち上げ花火というものは、
普段から異次元的羨望をもって、
究極の動的美学に心酔すべく、
その動的時空に対峙する機会を伺っているのだが、、、
なにしろなかなか、
積極的に、
意図的に、
行動にうつさないと、
遭遇するタイプのものではないのだ!
 
ところがあるとき
あまり馴染みのなかった
紀伊半島を彷徨っていて
「日本一小さな村」
鵜殿村にたどり着いた。
海沿いにある本当に小さな村である。
そこで佇んでいると
不意に花火の音が聞こえ始めた!
こんな小さな、
日本一小さな村で、
渾身の空中ショーが始まる瞬間に対峙したのだ!
そしてそれは当分の間、
変化に富んだ彩りと
タイミングの妙で魅了してくれた!
まるで、
意外性を持ったタイミングが続く
アフロキューバンの
シンコペーションのように!
 

37.GX007. Jindaiji 深大寺, Japan

ある時期、数年の間、
毎月長野県の飯田市まで、
ジャズのクリニックをやりに通っていた。
普段はまず使わない高速バスに乗って。
毎月のバスの中では、
今まであり得なかった、
変連符に乗った新しいアフロキューバンのリズムパターンを、
手足を駆使しながら創ることにかなり
集中しながらも、
目眩く山岳地帯の絶景にも
目を奪われていた。
初めての変練符のアフロキューバンのパターンとして、
5連符のアフロキューパンとして、
『ゴフロキューパン』
のパターンができてきた頃だった。
あらゆる高速バスのバス停の中で、
意外にも東京都内にありながら、
鬱蒼とした樹林地帯に導かれるようなバス停があることに気がついた。
そのバス停から続く歩道の行くてには、
ただただ、深い複雑な深淵な樹林が続いているだけのように見えるではないか!
バス停から、家の一軒でも見える訳でもなく、
樹林帯へと導く歩道があるだけのところが、
まさか東京都内にあるなんて!
38.GX008. NIshiharuchka 
西春近, Japan
 
長野県飯田市へのジャズクリニックへの高速バスの旅は毎月かなりの間続いていた。
長いバスの中での時間、
普段、自分で運転しているとできないぐらいの、
リズムパターンの開発への集中もできるし、
少し疲れてふと車窓に目をやれば、
八ヶ岳や南アルプスの絶景が視野に飛び込んでくるという、
なんとも楽しい道中であった。
 
5連符のアフロキューバンであるゴフロキューバンも、
まるでラテン音楽の、
モントゥーノ、トゥンバオ、クラーベなどの構造を踏襲した構造にしてみたように、
そのうち7連符のアフロキューバンである
ナフロキューバンというのも構築して、
散々バスの中で両手両足のパターンの独立を練習したものだった。
それが人間にできるものかはわからないけど、
物事は常に仮説から始まる。
 
そんなある日、
高速バスが長野の山奥に入ってゆくと、
あるバス停が何となく視野に入ってきた。
バス停に表示された地名は「西春近」だった。
何とも趣のある響きを持った地名だ。
バス停の階段から外へ続いてゆく小径の先に見えるのは、
ただただ続く深い森だけである。
何とも不思議な光景であった。
ここに降り立つ人たちは、
ここからどこへ向かうのか?
深い森に吸い込まれてゆくのか?
ここに次元ポケットがあって、他の次元へ向かう為のバス停なのだろうか。
西春近。