Line Drive

Line Drive(CPJ Compositions for Guitar)

Creating CPJ type music based on the concept of Junky Funk, in a way, must have been phenomenal, however was a far cry from what Akihiko ‘JOKER’ Matsui was meant to express. And was not long before his pursuit of music through Line Drive, which is referred to as CPJ written for guitars.

 Line Driveとは、松井秋彦のCPJ の楽曲の中でも、ギターによって書かれ、ギターの特性を生かしたコンセプトです。
12308755_983698001672070_2397153713728962776_n

Line Driveのコンセプトを全面に押し出したバンド名としてのLine Driveは、CPJ界で2番目に結成されました。もうひとつの鉄壁のリズム隊(岡田治郎(b)=嶋村一徳(ds)ライン)が、サウンドに余裕と変化を齎し、フュージョン界若手の先鋭岸川恭子(voice)パワーによって、秩序の限界を行く楽曲が活性化。そしてそこに、柔和で繊細なリリシズムの際立つバラードの名手でもあるピアニスト小笠原寿子のFjord Sound効果がブレンドされ、それ以外のCPJ 的アプローチに絶妙なコントラストと深みを醸し出して唯一無二のサウンドをもたらしました。スリル、スピードの限界を、敢えてジャズよりのサウンドで実現して行きました。2005年、完成しずらいこのバンドのサウンドも、1st album 「Line Drive」(CPJ Mujik /CPJ-2001)をリリース!


Line Drive / Line Drive

ギターの為に書かれたCPJ楽曲の真骨頂 ! CPJ独立レーベル第1弾!

cd_linedrive01

Line Drive / Line Drive CPJ-2001(CPJレーベル)¥2,500(tax included)

1.Framboise(フランボワ)(LD004)
2.Line Drive(ラインドライヴ)(LD009)

3.Flamboyance(極彩色)(LD002)

4.Jaywalkin’(信号無視)

5.Emerald Valley(エメラルドの渓谷)(FS002)

6.Synchronicity(シンクロニシティー)

7.Flippin’ Needle(レコード針は飛び)

8.Clairvoyance(千里眼)(LD003)

9.Drowsiness(けだるさ)

10.Jubilance(嬉しさのあまり)(LD001)

All Compositions by Akihiko ‘JOKER’ Matsui (松井秋彦)

Akihiko ‘JOKER’ Matsui(松井秋彦) Guitar
Kyoko Kishikawa(岸川恭子)Voice
Hisako Ogasawara(小笠原寿子)Piano, Keyboards
Jiro Okada(岡田治郎)  Bass
Ittoku Shimamura(嶋村一徳)Drums

http://www.amazon.co.jp/LINE-DRIVE/dp/B000BWAH1Y

th_linedrivecdflier