Jackpot

Jackpot(compositions exclusively for Bass)

After making CPJ music something stable with the first 2 concepts, Junky Funk(tunes for keyboards) & Line Drive(tunes for guitar) , Akihiko ‘JOKER’ Matsui went on to distort the straight forward direction of CPJ by writing tunes for bass! It was a challenge to write the main theme for bass, occasionally making the slapping bass line or harmonics he main theme of the tune! As a result, it really DID make sense and became a good incentive and made the whole CPJ world a versatile, diversified universe.

Line Driveとは、松井秋彦のCPJ の楽曲の中で、ベースによって書かれた、ベースの特徴を生かしたコンセプトです。
10806258_803608923014313_6123217845532816196_nJackpotも、CPJ界でやや異色なJackpotというバンドの名前としても機能しました。ベースによる楽曲という、音楽的可能性の限られたコンセプトに敢えて挑戦しながらも、Hybrid Slip Kick、超速ユニゾンなどを特徴とした、無理にベースを意識しない斬新なアプローチや、逆に、で、ベースならではのハーモニックスやスラッピングをメインテーマにした楽曲なども次々に発表して行きました。

 


Jackpot / Jackpot

ベースの為に書かれた低音CPJのJackpot 第1弾 !

Jackpot-CDJackpot-Trav
Jackpot /  Jackpot     CPJ-3001    ¥2,500(tax included)

CPJの中でも、ベースでテーマを弾くように創られた楽曲達。スラッピングあり、ピッキングハーモニックスあり、指弾きあり、 スリップキックあり、高速ユニゾンあり!低音CPJここに萌芽!

1. Jazz Tsunagi (ジャズ繋ぎ)
2. Fantail Forest (ファンテイルの森)
3. JL723(ジャル723便)
4. Jackpot(ジャックポット)
5. Jazuka? (ジャズか?蛇塚!)
6. Groove K (Kのグルーヴ)
7. Fantail Forest(Solo Section) (ファンテイルの森)
8. Funky Funk (わけのわからないような、わけのわからないもの)
9. Endless Daylight (白夜の北欧)
10. Jakuzure (蛇崩)
11. Tri Tetra Tones (迷路の町ワナカ)
12. Hip Jive (ヒップジャイヴ)

All Compositions by Akihiko ‘JOKER’ Matsui (松井秋彦)

Akihiko ‘JOKER’ Matsui (松井秋彦) Bass
Ken Imamura (今村拳) Guitar
Yuka Iizuka (飯塚由加) Keyboards
Ryo Takai(高井亮)Drums
Tadashi Sugitani(杉谷忠志)Tap

http://www.vme.co.jp/vme_src/cart/cd_buy3.asp?ARTIST_NAME=Jackpot&TITLE=Jackpot&SHOP_ID=VME

 

http://www.amazon.co.jp/Jackpot/dp/B000XBPLEG/ref=sr_1_11?s=music&ie=UTF8&qid=1329232150&sr=1-11

th_jackpotcdflier