Junky Funk

Junky Funk (CPJ Compositions for keyboards)

Although it originally was the name of a CPJ composition and the first band, Junky Funk now functions as the name of one concept of CPJ compositions,which are written specifically for keyboard instruments.

Junky Funkとは、松井秋彦のCPJ の楽曲の中で、キーボードやピアノによって書かれた、鍵盤楽器の特徴を生かしたコンセプトです。

11873465_932292886812582_2992058311204131223_n

もともとはJunky Funkのコンセプトはそのままバンド名として機能していました。CPJ界最初のバンドJunky Funkは、松井秋彦のピアノ、キーボードによる楽曲を、時にはクールに、時にはパワフルに演奏する。1stアルバム、「Jack-in-the-Box」(イーストワークスEWCD0018)では、立川智也の共同プロデュースにより、一般的に最も難解とされる松井秋彦の楽曲を明るくヒップに。
Jazz Life (2000年4月号94~95カラーページ)でで大々的に紹介される。 Junky Funkによって奇跡の出会いを果たした「鉄壁のリズム隊」(立川智也(b)=嶋村一徳(ds)ライン)が、この臨界点サウンドに余裕とグルーブを持たせた事の功績は大きい。N.Yから帰国し、加入した音川英二(ts)が、サウンドに幅と、柔軟さを齎し、現在のJunky Funkサウンドに。その後、2ndアルバム「Bird’s Eye Prospects」(キャスネットCNST-7001)が、元Soul Bossa Trio の松本俊行と立川智也のプロデュースにより実現。これもジャズライフ(2003年2月号122~123ページ)でインタビュー記事が紹介される。マルチモードにポリリズム、スリル、スピードの煌めくCPJサウンドは、このJunky Funkによって具現化され始め、
その後、ベースに岡田治郎が加わり多次元的にマレーシアなど海外でも演奏され大好評を博している。

 


Jack-in-the-Box / Junky Funk

鍵盤楽器のCPJの記念すべき第1弾 ! CPJ開闢の軌跡!

 

cd_junkyfunk01
Jack-in-the-Box / Junky Funk   EWCD-0018 イーストワークスeweレーベル

Jazz Life (2000年4月号94~95カラーページ)にインタビュー記事が掲載されました

1. Jack-in-the-Box(びっくり箱)JF004
2. Fuajck(Fusion Jazz Rock) JF010
3. Fireworks(打ち上げ花火)GX006
4. Seascapes(海の見える風景)
5. Oceanfront(海沿いをゆく)GX004
6. J&F(JとF)JF005
7. Junky Funk(がらくたのようなわけわからないもの!?)JF001
8. High-Energy Stuff(いきのいいやつ)GX009
9. Disillusion(覚醒)
10.The Crack of Flaming Dawn(夜明けの眩い光)

All Compositions by Akihiko ‘JOKER’ Matsui (松井秋彦)

Akihiko ‘JOKER’ Matsui(松井秋彦) Keyboards
Eiji Otogawa(音川英二) Saxes
Tomoya Tachikawa(立川智也)Bass
Ittoku Shimamura(嶋村一徳)Drums
Yoshiko Saita(斉田佳子) Voice

http://www.amazon.co.jp/Jack-Box-Junky-Funk/dp/B00005EZRY/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1329230897&sr=8-3

http://www.hmv.co.jp/product/detail/574571

 


Bird’s Eye Prospects / Junky Funk

鍵盤楽器のCPJ楽曲の新たな境地を縦横無尽に!Junky Funk第2弾!

cd_junkyfunk02
Bird’s Eye Prospects / Junky Funk  CSNT7001(キャスネット)
ジャズライフ(2003年2月号122~123ページ)でインタビュー記事が紹介されました

1. Straight Flash JF003
2. Ondo Ondo GX005
3.Funky Funk JP002
4.Vinterhavn
5.Far East Jingle
6.Cyberjaya JF008
7.Bird’s Eye Prospects FS003
8.Sarajevo

All Compositions by Akihiko ‘JOKER’ Matsui (松井秋彦)

Akihiko ‘JOKER’ Matsui(松井秋彦) Keyboards,Drums on”Sarajevo”(R-ch), Bass solo on”Funky Funk”,Body Percussion & Reciting on”Bird’s Eye Prospects”)
Eiji Otogawa(音川英二) Saxes
Tomoya Tachikawa(立川智也)Bass
Ittoku Shimamura(嶋村一徳)Drums

Guest Musicians
竹中俊二(Guitar) on”Sarajevo”
大山大輝(Wurlitzer) on”Sarajevo”
江原陽子 (Voice) on “Vinterhavn”,”Bird’s Eye Prospects”
岸川恭子(Voice )on “Far East Jingle”
松本俊行 (Organ)on”Sarajevo”,Keyboard on “Funky Funk”

http://www.hmv.co.jp/product/detail/489063