クリスチャンのツアー大成功のうちに終了しました!

クリスチャンとのツアーにご来場頂いた皆様、各地でお世話になった皆様、ありがとうございました!
10日間のたっぷりスケジュール、なんとかやりきりました〜✨

 

音楽出版関係の古い友人が来てて「よくやってるね〜、そろそろ一人で事務所できるよ!」って、、

ワタシそんな気も才覚も一切ありませんが(笑)

 

初日の琵琶とのトリオ編成は人生初のチャレンジで、日本の古典、デンマークの古典、それぞれの訳と解釈、アレンジなど準備に多くの時間を費やしました。スカイプのやり取りだけでも、本番までに20回以上はクリスチャンと話して内容を説明したり、音源聴きながら口リハをやったり、

 

昨年、彼から今回は邦楽器とコラボしたいとの提案を貰って、丁度僕と月水さんがデュオのユニットをやっているので、そこに入ってもらおうと考えましたが、果たしてどこまで出来るんだろう?と正直疑問でした。

 

琵琶は西洋音楽の人に言わせるとCマイナーしか存在しないし、譜面は勿論ジャズの人達同志の共通認識の様なものでさえすぐには伝わらない、、

しかし、同じ表現者として対人間で、関わる事のスリル。

 

千年の歴史を持つ琵琶語り部たちの文化は、人間の深い心情の変化や素晴らしい情景描写などを表現できる奥深いもの。

邦人である我々でさえ気づかされることの多い感性の楽器、西洋の人からしたら、さらに驚くことばかりだったんではないでしょうか?

 

それにしても忙しい中、お互い本当によく頑張りました。

 

その甲斐あって素晴らしいライブになりました!!
京都、宮津、広島でのカルテットも前回に続き相性抜群で、各地で大勢のお客様に恵まれました。
懐かしい友人も大勢来てくれて嬉しかった🎵

 

東京に戻っての洗足音大でのクリニックもクリスチャン先生の白熱ぶりで、2時間の予定が3時間に伸びるほど、、
イヤトレやインプロの練習法など、彼の考え方が分かって充実の内容。

 

そして千秋楽はやはり吉祥寺、、
リハでステージにこのメンバー5人がずらっと並んだ時はゾクッときました。
彼らの流石の対応力で素晴らしいライブになりました!!

 

本当にメンバーにも感謝です。

 

琵琶を入れた楽曲では、最後の音が消えて瞬間、客先から、「ウオ〜」っと言う、ある種どよめきの様な溜息が出てきた時、長い時間を費やして頑張って準備をやって本当に良かったと確信しました。

 

ツアー中、体調がすぐれない時も多々あったんですが、今は、やりきった充実感で心の中は満たされています💯
様々な発見があり、貴重な時間を皆と過ごせた事は宝です。
そして30年来の異国の友は無事🇩🇰に帰って行きました。
ありがとうクリスチャン!!

44762100_2337082316321207_6582853613884801024_n

 

コメントを残す