activity (full list)

[ 2009.04.21 ]

デザインのネタ帳Photoshop写真加工 出版

出版社 MdN
出版日 2009年4月21日  

[ 2009.04.02 ]

101TOKYO Contemporary Art Fair 2009 出展

会期:2009年4月2日(木)~5日(日)
会場:秋葉原UDX

CGイラストによる着物を出展、販売を行いました。
続きはこちら

[ 2008.12.05 ]

ATACカンファレンス2008京都 出展

女子美・レインボープロジェクトは機器展示、セミナーを行いました。

会期:2008年12月5日(金)~12月7日(日)
場所:国立京都国際会館 〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池
主催:ATAC,特定非営利活動法人 e-AT利用促進協会 続きはこちら

[ 2008.11.27 ]

神山みさワンマンライブ 〜その涙が渇くとき〜

神山みささんライブ用に、ウェルカムムービーを制作、提供しました。

このDVDにも収録されています。 http://jpnews.org/pc/modules/smartsection/item.php?itemid=17%3Cbr%3E 
ライブ写真はこちら。 http://kamiyamamisa.com/20081127/   

日にち 2008年11月27日
場所 渋谷Duo Music exchange

[ 2008.10.23 ]

ASIAGRAPH 2008 in Tokyo 出展

名称:ASIAGRAPH 2008 in Tokyo
会期:2008年10月23日(木)~26日(日)
会場:日本科学未来館
主催:アジアグラフ2008実行委員会、経済産業省、財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)

ASIAGRAPH2008にインスタレーション作品『one』を出展。『one』とは、 CGプリントによる着物を中心に8メートルにおよぶCGプリントの8本の布、プロジェクターによるインタラクティブ映像、これらを一体化した大型インスタレーション作品です。インタラクティブ部分は音に反応し、マイクに向かって音声を発することで映像が変化します。 今回は、特別参加ミュージシャンによるショータイムを設けます。

出演: voice 岸川恭子(だるま屋) percussion 町田浩明(だるま屋) keyboard 小笠原寿子
ショータイム: 毎日 12:00~ 14:00~ 16:00~ の3ステージ

CGプリントによる着物および長尺の布印刷は、大妻女子大 被服学科に大々的に協力頂き、布を織るところから始めて、材質やインクの選択、試し印刷など、時間をかけて制作。 複数の布材質へ印刷した作品を展示するため、その効果も見る事ができる。 続きはこちら

[ 2008.04.04 ]

『問題解決型プロジェクト取組の事例』展覧会 開催

期間 2008年4月4日(金)~5月9日(金)11:00~19:00 日・祝日は休館
場所 「ガレリア ニケ」(女子美術大学学外展示場) 
〒164-0012 東京都中野区本町6-16-11 ASビル1階 Tel.03-5340-6671
http://www.joshibi.ac.jp/jam/nike/about.html
お問い合わせ先 女子美術大学教育学生支援センター 
〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8 Tel.03-5340-4508

私が参加している「レインボープロジェクト」の新作コンテンツを含む展示会を開催しました。

[ 2007.12.22 ]

ディジタル・イメージ2007展 出展

会期:2007年12月22日(土)-26日(水) 午前10時-午後6時半 (入館は午後6時まで) 入場無料 
※最終日26日(水)は午後4時まで (入館は午後3時半まで)
会場:O美術館 東京都品川区大崎1-6-2 大崎ニューシティ2号館2F TEL.03(3495)4040 
http://www.shinagawa-culture.or.jp/o_art/
主催:ディジタル・イメージ
お問い合わせ ディジタル・イメージ事務局
http://www.digitalimage.org/

赤外線カメラ使用、Processing制御によるインタラクティブ作品「残像」を展示。
続きはこちら

[ 2007.11.30 ]

ATACカンファレンス2007京都 出展

女子美・レインボープロジェクトは機器展示を行いました。

会期:2007年11月30日(金)~12月2日(日)
場所:京都市勧業館 「みやこめっせ」
主催:ATAC,特定非営利活動法人 e-AT利用促進協会 続きはこちら

[ 2007.10.11 ]

ASIAGRAPH2007  出展

会期:2007年10月11日(木)~14日(日) (11日は招待者デー)
会場:秋葉原UDX

2m×8mの大型平面作品、赤外線カメラ使用、Processing制御によるインタラクティブ作品「残像」、そして大妻女子大との共同制作によるCGアートプリントによる着物を展示。

※ASIAGRAPH 2007 in Tokyoは、JAPAN国際コンテンツフェスティバル(CoFesta)のオフィシャルイベントです。
続きはこちら

[ 2006.11.10 ]

拡がるメディアアート展 ー光る・動く・感じる・遊ぶー  出展

会場 JAM(女子美術大学美術館)
日時 2006年11月10日(金)~12月18日(月)
出品作家 浅野正博 池田裕美子 石井裕 内山博子 大森悟 小笠原た けし 川口吾妻 河口洋一郎 北川みどり 篠崎香織 末綱久美子 菅綾子 高橋圭子 リンダ・デニス 出淵亮一朗 新津亜土華 羽太謙一 ボリ& 俺 松本明彦 山内哲也 山口勝弘 ヤマザキミノリ 山野雅之 湯崎夫沙子 横井由美子 ズビッグ・リプチンスキー 若見ありさ (五十音順)他
主催 女子美術大学美術館 
共催 女子美術大学メディアアート学科 後援 杉並区、相模原市、相模原市教育委員会、読売新聞社、ICC、上田市マルチメディア情報センター、CG-ARTS協会(財団法人画像情報教育振興協会)、財団法人デジタルコンテンツ協会、日本映像学会、株式会社エフエムさがみ、J:COM相模原・大和 協賛 アドビシステムズ株式会社、株式会社イーケー ジャパン、NECビューテクノロジーズ株式会社、NTTラーニングシステムズ株式会社、エプソン販売株式会社、株式会社キャドセンター、株式会社シフカ、 デジタルイメージ、シャープ株式会社、大日本印刷株式会社、東和エンジニアリング、学校法人電子学園日本電子専門学校、RTSI-Televisione svizzera,Lugano 他
入館料 無料
サイト メディアアート展ブログ http://jam.boxerblog.com/mediaart 
女子美術大学美術館ブログ http://jam.boxerblog.com
女子美術大学メディアアート学科ブログ http://me2me.boxerblog.com

音と映像のインタラクティブ作品[MTX64]を展示

1 2 3 4 5 6 7 8 9 19